加工がしやすいアクリル板【色々な目的で活用が可能】

アクリル板

色々な場面で使用されているアクリルケース

アクリルケースは、透明で中身が見えるという特性から、色々な場面で使用されています。特に、大切なフィギュア等の趣味のディスプレイに埃をかけたくないとき等に有効です。他にも、こまごましたものをまとめて置いておく小物入れなどに使用しても中になにが入っているのか一目瞭然なので使い勝手がいいです。

作業員

アクリルケースを購入する

アクリルケースは、軽くて透明度も高く、使用用途も多いので、たくさんの商品が多くの会社から出されています。その為、安いものなら街のショップでも購入できるほど身近ですし、大きな商業目的一点のものオーダーなどでも取り扱っている会社も多数あります。目的に合わせて、それに合ったアクリルケースを選ぶことができます。

アクリル板の押出しとキャストの違い

大量生産しやすい押出し

押出しの場合は、粘土状のアクリルをローラーで挟み込んで伸ばし押出して作ります。こちらは、大量生産がしやすい為、比較的安価出来る利点がありますが、キャストに比べると、高度の面で少し劣ります。

硬度が高く反りにくいキャスト

キャストの特徴としては、硬度が高く、反りにくいという利点があります。二枚のガラスの間にアクリルを流しかためる製造方法で作られます。手作業での工程も多く、どうしても押出しより高価になってしまいます。

色々なカラーが存在する

アクリル板というと、無色透明を想像することが多いと思いますが、カラーバリエーションも豊富にあります。薄いやさしい色合いから濃い色合いまでさまざまで、色によって透過率も変わってきます。

アクリル板の特性

アクリル板

耐久性が高い

アクリルは、通常の使用であれば、10〜20年程度の耐久性はあります。透明度や強度の低下をすることも少なく、屋外でも特に問題なく使用できます。

透明度が高い

アクリルは、光線透過率が高く、その透明度は、ガラスをもしのぐこともあります。重厚な質感も持ち合わせ、ショーケースなどの利用にもうってつけの素材と言えます。

割れにくく飛び散りにくい

衝撃に強くガラスの10〜16倍程度の強度があります。また、万が一割れたとしても、ガラスのように大きく飛散することが少ない為、安全性の面でも優秀です。

加工がしやすい

アクリル板の特性の一つに加工がしやすいという利点があります。初心者でも簡単に切断することができますし、接着剤で簡単にくっつけることができます。

ガラスより軽い

アクリル板を使用する利点として、軽いという点が上げられます。透過度の高さからガラスと良く比較されますが、ガラスと比べると、アクリル板の方が軽く、その点からアクリルが選ばれることも多いです。

アクリル板の使用用途

アクリル板の身近な使用用途というと、ショーケースや収納ケース写真立てなどが上げられます。どれも、アクリル板の高い透明度を最大限に生かした使用用途と言えます。アクリルは透過度・耐久度が高く、安価で加工もしやすいので、DIYなどでも好んで使用される素材の一つです。